教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

山梨県 令和7年度(令和6年=2024年実施)試験の検査案内を発表

山梨県教育委員会は4月8日、ホームページにて「令和7年度採用 山梨県公立学校教員選考検査案内」として、令和7年度(令和6年=2024年実施)の山梨県公立学校教員選考検査の日程や試験内容、募集教科等を公表した。

山梨県の1次試験(一般・教職教養、専門教養、実技〈中学校・特中の音楽と美術および中・高・特支の保健体育のみ〉)は7月7日(日)に行う。また、2次試験は8月3日(土)に適性検査と小論文、実技(中・高・特支の英語受験者のみ)を、14日(水)〜16日(金)のうちの指定日に個人面接と集団討議(模擬的授業を含む)を行う。
1次試験のうち「小学校」については、山梨県内のほか東京都内(TKP品川カンファレンスセンター)にも受験会場を設置する。
なお、結果の発表は1次が7月下旬(前年度試験では7月28日)、2次が9月下旬(前年度試験では9月25日)の予定となっている。

出願はインターネットでの申し込みとなり、受付期間は4月30日(火)10時から6月3日(月)17時までとなる。なお、特別選考および大学推薦での受験希望者、加点希望者については、インターネットでの申し込みに加えて必要書類を簡易書留で郵送する必要がある(6月3日当日の消印有効)。

今回の試験からの主な変更点は下記の通り。
①「大学3年生を対象とした選考」の実施。4年制大学に在籍する大学3年生(昭和41〈1966〉年4月2日以降に出生した者)を対象に、1次試験の受験を可能とする。大学3年生時に1次試験で合格した場合には、大学4年時で受験する次年度(令和8年度=2025年実施)試験では2次試験から受験する(ただし、大学3年生時での受験時と同じ校種・教科での受験に限る)。
なお、「大学3年生を対象とした選考」はすべての校種での実施となるが、高校・特別支援学校高等部での実施教科は「国語」「数学」「英語」のみとなる(中学校・特別支援学校中学部は全教科で実施)。

②「教職対象者を対象とした特別選考(①D1)」の対象者として、従来からの公立学校の勤務者及び勤務経験者に加え、「国立学校、私立学校の勤務者及び勤務経験者」「山梨県内の市町村採用による臨時的任用職員」を追加する。また、勤務期間の条件を「2年以上」に統一する。

③加点要件の対象として、新たに「高校受験者で国際バカロレア教員認定の資格を有する者」に対し1次試験の合計点に「5点」を加点する。

④高校の募集教科について、前年度募集のなかった「農業(食品化学)」を今年度の募集対象とする。また、高校の公民は前年度の政経から「倫理」に、理科は前年度の物理から「生物」に、工業は前年度の電子から「建築」に、それぞれ募集科目を変更する。

なお、採用予定者数については、4月下旬にホームページで公表する予定としている。

山梨県教育委員会・令和7年度採用山梨県公立学校教員選考検査案内(PDF)
https://www.pref.yamanashi.jp/documents/114971/r7kyousai_annnai2.pdf

山梨県教育委員会・山梨県公立学校教員選考検査
https://www.pref.yamanashi.jp/gimukyo/181_004.html