教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

北九州市 志願状況を公表。平均倍率は3.1倍に

北九州市教育委員会は6月6日、北九州市教員採用情報専用サイトにて令和7年度北九州市公立学校教員採用候補者選考試験の志願状況を公表した。
今年度(令和7年度採用分)の志願者は815名(前年度854名(※))で前年度より39名減。また、平均倍率は3.1倍(前年度3.1倍(※))となった。
(※志願状況のうち、前年度の志願者数・志願倍率は今年度募集のない栄養教諭分(前年度志願者22名)を除いた数値〈栄養教諭を含めた場合の前年度志願者総数は876名、平均倍率は3.2倍〉)

区分別の志願者数では小学校(小中一貫含む)374名(前年度356名)、中学校258名(前年度297名)、特別支援学校小学部53名(前年度54名)、特別支援学校中学部50名(前年度52名)、養護教員80名(前年度95名)で、小学校は前年度より増えた一方で、それ以外の教科は前年度より減少となっている。
また、区分別の志願倍率は小学校(小学校、小中一貫合計)2.6倍(前年度2.4倍)、中学校3.9倍(前年度4.2倍)、特別支援学校(小学部、中学部合計)2.1倍(前年度2.1倍)、養護教員16.0倍(前年度19.0倍)となっている。

一方、今夏の試験より募集する全校種に拡大して実施する「大学3年生前倒し一次選考」(令和8年度採用分)の志願者数については公表していないが、128名分の受験番号を交付している。
区分別では小学校68名、中学校38名、特別支援学校小学部2名、特別支援学校中学部1名、養護教員19名で、小学校については昨年12月実施時の志願者(34名)から倍増となっている。

北九州市の教員採用試験は、1次試験(大学3年生前倒し一次選考を含む)が6月16日(日)。2次試験は7月20日(土)から8月4日(日)の間に実施予定としている。
結果の発表は1次(大学3年生前倒し一次選考を含む)が7月2日(火)、2次は9月中旬を予定している(2次試験の際に受験者に通知)。

北九州市 教員採用情報 専用サイト・令和7年度北九州市公立学校教員採用候補者選考の志願状況(PDF)
https://www.kita9.ed.jp/kyoushokuin-c/r7syutugan.pdf