教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

兵庫県 2次試験合格者1,056名を発表。最終倍率は4.0倍に

兵庫県教育委員会は9月26日、令和6年度兵庫県公立学校教員採用候補者選考試験の2次試験の結果発表を行なった。
兵庫県の教員採用試験の2次試験は8月16日(水)〜27日(日)の間に行われ、1,858名の2次試験受験者に対し、前年度の989名より67名増となる1,056名が合格した。
兵庫県で合格者が1千人台となるのは2年ぶりで、県教委では教員不足の状況を踏まえて、特に小学校、中学校、特別支援学校で採用予定者数を大きく上回る合格者を増員した。

校種別の2次合格者数は、小学校・特別支援学校395名(今年度2次受験者695名 前年度合格者353名)、中学校・特別支援学校305名(今年度2次受験者519名 前年度合格者297名)、高校234名(今年度2次受験者436名 前年度合格者239名)、養護教諭21名(今年度2次受験者38名 前年度合格者35名)、栄養教諭5名(今年度2次受験者10名 前年度合格者5名)、特別支援学校96名(今年度2次受験者160名 前年度合格者60名)となっている。

また、最終倍率は合格者数が増えたことにより、全体の倍率は前年度の4.6倍から0.6ポイント減となる4.0倍となった。校種別では小学校3.8倍(前年度4.5倍)、中学校3.4倍(前年度3.7倍)、高校4.9倍(前年度5.1倍)、養護教諭12.3倍(前年度7.5倍)、栄養教諭16.4倍(前年度16.8倍)、特別支援学校2.6倍(前年度4.5倍)となっている。

なお、合格者の男女別の割合は男性が511名で48.4%(前年度は484名で48.9%)、女性が545名で51.6%(前年度は505名で51.1%)。また、既卒者732名(前年度672名)に対し、令和5年度卒業予定の新卒者は324名(前年度は317名)で、既卒者が合格者全体の67.3%(前年度67.9%)を占めている。

兵庫県教育委員会・第2次選考試験結果について
https://www2.hyogo-c.ed.jp/hpe/kyoshokuin/cont_cate/r6_nijikextuka

兵庫県教育委員会・令和6年度兵庫県公立学校教員採用候補者選考試験について(記者発表資料)
https://www2.hyogo-c.ed.jp/hpe/uploads/2023/09/230926(教職員企画課)★R6合否結果記者発表.pdf