教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

静岡市 ホームページに令和7年度(令和6年=2024年実施)採用選考の試験要項を掲載

静岡市教育委員会は2月6日、ホームページに令和7年度(令和6年=2024年実施)静岡市教員採用選考試験の試験要項を掲載した。

静岡市は、2022年12月19日の中央教育審議会の答申を受けて教員採用試験の日程を例年より約2か月早め、1次試験は5月11日(土)に筆記試験、12日(日)に個人面接試験が行われる。また、2次試験(個人面接、集団討議、実技試験)は6月29日(土)、30日(日)に行われる。
これまで1次試験で実施していた実技試験が2次試験での実施に変更されたほか、1次試験の個人面接で、これまで分離して実施していた特別支援教育推進枠(小学校B、中学校B)について、他の試験種別と同日実施とすることで、1次・2次試験ともに2日間の日程となる。
なお、1次・2次試験ともWebによる適性検査を事前に受検する必要があり(1次=3月29日〜4月10日、2次=6月10日〜21日)、適性検査を受検しない場合は、以後の受験資格がなくなる。
合格発表は1次が6月10日(月)、2次は8月9日(金)いずれも正午ごろに発表の予定となっている。
また、第15期しずおか教師塾卒塾認定者を対象にした特別選考(小学校)は4月13日(土)に実施する(結果発表は5月2日〈木〉)。

出願受付期間は、2月9日(金)0時から3月8日(金)17時15分まで、電子申請での受付となる。
なお、社会人経験者および障がい者を対象とした選考の申請書類、大学院修士課程の特例申請に係る書類は3月15日(金)までに、教職経験者を対象とした選考の申請書類は4月1日(月)から4月8日(月)までの間に、それぞれ郵送で提出する(締切日の消印まで有効)。
また、印刷された試験要項の配布は2月9日から3月8日まで、静岡市内の各区役所・生涯学習施設・市立図書館、静岡県内の教育委員会・教育事務所・就職相談センター(ジョブステーション)、静岡市東京事務所および静岡県東京事務所・静岡県大阪事務所で行う。

静岡市の令和7年度試験については、すでに試験日程の早期化に伴う変更点が公表されているが、試験日程以外での、今回の試験からの変更点は以下の通り。

①「社会人経験者を対象とした選考枠」を新設する。教員種別に応じた「必要とする教員免許状・資格」を有する者または令和7(2025)年4月1日までに取得見込みの者で、平成30(2018)年4月1日から出願時までの間に民間企業または官公庁等において正規職員として通算3年以上勤務した者が対象となる。同枠での受験者は1次試験の筆記試験で教職・一般教養試験に代えて課題作文を実施する。

②「教職経験者を対象とした選考枠(現職ア)」の実務経験条件を「3年以上」から「1年以上」に変更する。
国公立学校の教諭または養護教諭、栄養教諭(任用期間を付した教諭等は含まない)として、令和6(2024)年4月1日現在在職見込みであり、令和6年3月31日までに1年以上の実務経験を持つ者(※受験する教員種別及び教科の実務経験に限る。また、特別支援学校に勤務している場合は、勤務している教員種別に限る)が対象となり、該当者は1次試験の筆記試験のすべてが免除される。なお、2次試験で実技試験を実施する教科については実技試験も免除する。

③1次試験の筆記試験(教職・一般教養試験、教科専門試験)を「マークシート方式」で実施する。

今年度の採用予定数は小学校65名(前年度採用予定数70名)、中学校35名(同40名)、養護教員若干名(同若干名)、栄養教諭若干名(同若干名)となっており、小・中は前年度から採用予定数をそれぞれ5名ずつ減らしている。
このほか、一般選考とは別に選考を行う障がい者を対象とした選考で3名程度の採用を予定している。

静岡市教育委員会・令和7年度静岡市教員採用選考試験要項(PDF)
https://www.city.shizuoka.lg.jp/001005411.pdf

静岡市教育委員会・令和7年度静岡市教員採用選考試験について
https://www.city.shizuoka.lg.jp/605_000282.html

静岡市教育委員会・令和7年度静岡市教員採用選考試験日程等について
https://www.city.shizuoka.lg.jp/605_000281.html