教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

浜松市 令和7年度(令和6年=2024年実施)採用試験の試験要項を発表、出願受付を開始

浜松市教育委員会は2月13日、令和7年度採用(令和6年度=2024年実施)浜松市立小・中学校教員採用選考の試験要項・提出書類等の配布を開始し、同日より出願受付を開始した。

浜松市は、同じ静岡県内で教員採用試験を実施する静岡県、静岡市と同様に、2022年12月19日の中央教育審議会の答申を受けて教員採用試験の日程を例年より約2か月早め、1次試験は5月11日(土)に筆記試験、12日(日)に個人面接試験を実施する。また、2次試験についても例年より3週間ほど早め(前年度は8月16、17日に実施)、7月27日(土)に個人面接と実技(実技は中学校の一部教科のみ)、30日(日)に学校教育に関するレポートと「授業(養護教諭を除く)」または「保健(養護教諭のみ)」に関する面接を実施する。
合格発表は1次が6月28日(金)の正午ごろ、最終の合格発表は8月下旬に発表の予定としている。

出願受付期間は3月15日(金)までで、出願については「電子申請」と「提出書類」の両方が必要となる。なお「電子申請」については3月15日の17時15分まで、「提出書類」については郵送(3月15日必着)または浜松市教育委員会 教職員課への持参(3月15日17時15分まで)での提出となる。

今年度の採用予定数は小学校90名、中学校60名、養護教員若干名、発達支援推進教員10名で、前年度と同数となっている。

今回の試験での、試験日程以外での主な変更点は下記の通り。
①大学推薦特別選考における1次試験での受験項目について、これまで1次試験で実施していた「個人面接」が免除され「適性検査」のみとする。

②教科専門試験における実技試験(中学校の音楽・美術・保健体育・技術・家庭・英語で実施)を、1次試験から2次試験での実施に変更する。なお、特別選考での受験者のうち、これまで1次試験において実技試験を免除されていた前年度補欠者(特別選考A)、他都市現職2年以上(特別選考Bア)、浜松市での実務3年以上(特別選考Bエ)、大学等被推薦者(特別選考C)については、実技試験が2次試験の実施に変更となった場合でも、引き続き実技試験を免除する。また、中学校英語受験者で、対象となる英語資格を取得済みの場合も、実技試験の免除を申請することができる。
この変更に伴い、小中併願受験をする場合の第2希望区分の1次試験での試験内容について、併願した試験区分の第1希望の試験内容に加えて、第2希望の教科専門試験のすべてを受験する形式に変更し、これまでの第2希望の試験区分における教科専門試験を一部の実施とする措置(小学校での専門試験を3教科とする、中学校の実技がある教科は実技試験のみとする)は廃止となる。

③1次試験における教職・一般教養試験及び教科専門試験(筆記)について、記号または数字で答える形式で行う。なお、解答用紙はマークシートとはしない。

浜松市教育委員会・令和7年度採用(令和6年度実施)浜松市立小・中学校教員採用選考試験(任期付教員の選考を兼ねる)
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kyoshoku/r7kyouinsaiyoushiken.html

浜松市教育委員会・令和7年度採用(令和6年度実施)浜松市立小・中学校教員採用選考試験要項・提出書類・職歴入力シート等
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kyoshoku/r7saiyousikenyousiki.html

浜松市教育委員会・令和7年度採用(令和6年度実施)浜松市立小・中学校教員採用選考試験における主な変更点について
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kyoshoku/r7saiyouzyouhou.html