教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

茨城県 「前年度第2次試験合格者を対象とした特別選考」の実施要項を公表

茨城県教育委員会は2月13日、令和7年度採用(令和6年度=2024年実施)茨城県公立学校教員選考試験のうち、「前年度(令和6年度採用試験)第2次試験合格者を対象とした特別選考」の実施要項をホームページに掲載した。

「前年度第2次試験合格者を対象とした特別選考」は、2023年に実施した令和6年度採用試験において、2次試験に合格したものの、卒業延期等の理由によりやむを得ず採用に至らなかった方を対象に実施する試験で、試験内容は「個人面接」のみとなる。
募集する校種は「小学校」「中学校」「高校(中高一貫校を含む)」「特別支援学校」「養護教諭」「栄養教諭」で、採用予定者人数は各校種とも若干名としている。

受験資格は、昭和40(1965)年4月2日以降に出生した方で、令和6年度採用試験で2次試験に合格したものの、卒業延期等の理由によりやむを得ず採用に至らなかった方(※)で、受験する区分ごとの普通免許状(中学校・高校を受験する方は、当該教科の普通免許状)を令和7(2025)年4月1日までに取得見込みの方(高校の書道を受験する方は、当該教科のほかに、国語の高等学校教諭普通免許状を現に有する方または令和7年4月1日までに取得見込みの方)で、令和6年度採用試験で受験した同一校種、同一試験区分、同一教科・科目で受験する方としている。
※やむを得ず採用に至らなかった方=以下の①〜④のいずれかに該当する方
①卒業延期となるなどの理由により、免許状が取得できず、採用に至らなかった学生(大学、短期大学または専門学校の学生)
②単位不足のため免許状が取得できず、採用に至らなかった科目履修生
③独立行政法人教職員支援機構が行う小学校教員資格認定試験又は特別支援学校教員資格認定試験の不合格により、免許状が取得できず、採用に至らなかった方
④その他茨城県教育委員会において受験資格があると認めた方

出願は郵送(簡易書留)による受付のみとなり、期間は2月26日(月)から3月8日(金)の消印まで有効となる。
なお、出願に際しては志願書・履歴事項書のほかに、申立書として、採用に至らなかった(教員免許状が取得できなかった)理由を記載して提出することになる。

「前年度第2次試験合格者を対象とした特別選考」の試験日は5月12日(日)、結果の発表は6月10日(月)の予定となるが、志願者に対しては試験の実施に先立ち、3月中旬までに受験資格審査結果を通知し、受験資格を得た者に対して5月初旬に受験票を送付する。
なお、「前年度第2次試験合格者を対象とした特別選考」の受験者は、試験日と同日に実施予定の他の選考との併願はできないが、受験資格審査の結果、受験資格が認められなかった方は、同日に実施予定の他の選考に出願することが可能となる。

なお、茨城県教育委員会では、一般選考等の実施要項については後日公表するとしている。

茨城県教育委員会・令和7年度採用茨城県公立学校教員選考試験実施要項【前年度第2次試験合格者を対象とした特別選考】(PDF)
https://kyoiku.pref.ibaraki.jp/wp-content/uploads/2024/02/youkou-1.pdf

茨城県教育委員会・令和7年度採用茨城県公立学校教員選考試験実施要項等(前年度第2次試験合格者を対象とした特別選考)
https://kyoiku.pref.ibaraki.jp/about/teacher/saiyo/download/