教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

神戸市 志願状況を公表。志願者倍率は4.6倍、大学3年生等早期チャレンジ選考には193名が申し込み

神戸市教育委員会は5月22日、2025年度神戸市教員採用選考(2025年度〈2024年度実施〉神戸市立学校園教員採用選考試験)の志願状況を公表した。
今年度、志願者の総数(※大学3年生等早期チャレンジ選考の志願者を含む)は1,981名となり、前年度の1,842名からは139名増加した一方で、募集人員(約430名=正規教員)に対しての全体の志願者倍率は4.6倍となり、前年度の5.4倍(正規教員の募集人員:約340名)からは0.8ポイント下がった。

受験区分別の志願者数では幼稚園47名(前年度51名)、小学校771名(前年度703名)、小学校英語コース15名(前年度16名)、中学校・高等学校799名(前年度749名)、特別支援学校159名(前年度154名)、養護教諭149名(前年度127名)、栄養教諭41名(前年度42名)となっている。

また、受験区分別の倍率は、小学校が3.9倍(前年度5.2倍)、小学校英語コースが1.0倍(前年度1.1倍)、中学校・高等学校が5.7倍(前年度5.8倍)、特別支援学校が3.2倍(前年度3.9倍)、養護教諭が9.9倍(前年度12.7倍)となっている(幼稚園と栄養教諭は募集人員を数名としているため倍率は非公表)。

なお、今年度から大学3年生等を対象に実施する実施する「大学3年生等早期チャレンジ選考」(2026年度採用)には193名が申し込んだ。校種別では幼稚園10名、小学校67名、小学校英語コース1名、中学校・高等学校87名、特別支援学校6名、養護教諭20名、栄養教諭2名となっている。

神戸市の教員採用試験は1次試験の筆記試験が6月15日(土)、面接試験(集団面接)が6月28日(土)29日(日)に行われる(※大学3年生等早期チャレンジ選考の面接試験は8月中旬以降に実施)。また、2次試験(面接試験〈個人面接〉・実技試験)は7月20日(土)から8月17日(土)にかけて行われる。結果の発表は1次が7月中旬、2次が9月中旬の予定。

神戸市教育委員会・2025年度神戸市教員採用選考志願状況(PDF)
https://www.city.kobe.lg.jp/documents/39130/2025shigansuuhoukoku.pdf