教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

山形県 志願者数を公表。志願者総数は814名。大学3年次特別選考には69名が出願

山形県教育委員会は6月11日、令和7年度採用 山形県公立学校教員選考試験の志願者数一覧をホームページで公表した。
山形県の今年度の志願者総数は814名で、このうち、今回の試験から実施する「大学3年次特別選考」(小学校・特別支援学校小学部対象)には69名が出願した。
(※志願者総数814名は前年度の782名からは32名増。ただし、大学3年生以外の令和7年度採用希望の志願者は745名となり、前年度からは37名減。また、大学3年次特別選考受験者の校種別の内訳は非公表)。

区分別の志願者数では小学校(※)が273名(前年度236名)、中学校が245名(前年度229名)、高校が165名(前年度194名)、特別支援学校(※)が34名(前年度40名)、養護教諭が80名(前年度72名)、栄養教諭が17名(前年度10名)で、高校と特別支援学校以外の校種で前年度より志願者数が増加となった。スポーツ特別選考の志願者は今年は0名だった(前年度1名)。

なお、倍率は公表していないが、志願者数(大学3年生を含む)を採用見込数(小学校約180名、中学校約85名、高校約35名、特支約30名、養護約10名。栄養教諭とスポーツ特別選考は若干名)で割った場合の志願倍率は2.4倍(大学3年生を除いた志願者数の場合は2.2倍、前年度は2.3倍)。また、志願区分別の倍率は小学校(※)が1.5倍(前年度1.3倍)、中学校が2.9倍(前年度2.7倍)、高校が4.7倍(前年度5.5倍)、特別支援学校(※)が1.1倍(前年度1.6倍)、養護教諭は8.0倍(前年度4.8倍)となる。
(※小学校と特別支援学校は大学3年生の志願者数を含めた数値。栄養教諭は採用予定数若干名のため未算出)

山形県の教員採用試験は、1次試験(※)が7月13日(土)、2次試験が8月27日(火)28日(水)29日(木)のうちの指定日に行われる(※大学3年次特別選考の受験者は1次試験のうち「教職教養・一般教養」のみ受験)。結果の発表は1次が8月9日(金)、2次は9月25日(水)を予定している。
なお、受験番号付きの「受験票」が「やまがたe申請」からダウンロードが可能となっている。

山形県教育委員会・令和7年度採用 山形県公立学校教員選考試験 志願者数一覧(pdf)
https://www.pref.yamagata.jp/documents/36527/r7_shigannsyasuu.pdf

山形県教育委員会・令和7年度採用山形県公立学校教員選考試験(令和6年度実施)
https://www.pref.yamagata.jp/700026/bunkyo/kyoiku/kyoin/r7saiyo.html