教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

福岡県 2次試験合格者1,202名を発表

福岡県教育委員会は9月29日、令和6年度 福岡県公立学校教員採用候補者選考試験の第二次試験結果を公表した。
福岡県の教員採用試験の2次試験には1,657名(前年度1,810名)が受験し、前年度の1,349名より147名減となる1,202名が合格した。

校種別の合格者数は小学校(一般と英語有資格者の合算)が512名(今年度2次受験者571名 前年度2次合格者570名)、中学校が395名(今年度2次受験者548名 前年度2次合格者406名)、高等学校が169名(今年度2次受験者325名 前年度2次合格者144名)、特別支援学校が91名(今年度2次受験者127名 前年度2次合格者118名)、養護教員が24名(今年度2次受験者62名 前年度2次合格者39名)、栄養教員が7名(今年度2次受験者16名 前年度2次合格者8名)。また、障がいのある人を対象とした特別選考で4名(今年度2次受験者8名 前年度2次合格者5名)が合格した。

なお、最終倍率(志願者数/2次合格者数)は全校種合計で2.7倍(前年度2.7倍)となった。
校種別では小学校が1.4倍(前年度1.4倍)、中学校が2.1倍(前年度2.1倍)、高校が8.6倍(前年度8.6倍)、特別支援学校が1.5倍(前年度1.5倍)、養護教諭が9.0倍(前年度9.0倍)、栄養教諭が10.0倍(前年度10.0倍)となっている。
※最終倍率は時事通信出版局調べ

また、同時に行われた久留米市立高等学校教員を希望する者の試験(保健体育、書道、商業、英語)では、9名が2次試験を受験し、各教科で1名ずつ(計4名)が合格した。

なお、福岡県ではこの後、現職教員特別選考(県外実施)を11月12日(日)に東京都内で実施。合格発表は11月下旬を予定している。

福岡県教育委員会・令和6年度福岡県公立学校教員採用候補者選考試験第二次試験合格発表
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/saiyousiken14.html

福岡県教育委員会・令和6年度 福岡県公立学校教員採用候補者選考試験第二次試験結果(福岡県)
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/203758.pdf

福岡県教育委員会・令和5年度 福岡県公立学校教員採用候補者選考試験 二次試験実施状況(久留米市立高等学校)
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/203739.pdf