教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

【毎日出題】教職教養クイズーNo.17「教育法規」

教員採用試験で問われる教職教養の知識を、クイズ形式でサクッと確認!平日に毎日更新します。


地方公務員法第28条および第29条に定められた分限や懲戒について、正しいものはどれ?


(1) 分限処分として、降任や減給がある。
(2) 懲戒処分として、免職や訓告がある。
(3) 勤務実績が良くない場合、その意に反して降任し、または免職することができる。



A 正解は(3)です。


(1)分限処分とは、簡単に言えば、勤務実績がよくない場合、公務の効率を保つために下される処分のこと。「降任」「免職」「休職」「降給」が定められています(同法第28 条)。
(2)懲戒処分とは、制裁的な意味合いをもち、「戒告」「減給」「停職」「免職」が定められています(同法第29条)。