教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

神戸市  離職者、他都市正規教員経験者や2次試験未受験者等を対象とした特別選考試験を実施

神戸市教育委員会は11月24日、令和6年度神戸市立学校園教員採用候補者選考試験・特別選考の実施について、受験案内や実施要項、出願書類等をホームページに掲載した。
特別選考の選考種別は「離職者を対象とした区分」と「やむを得ない事情が生じた者を対象とした区分」の2種類で、「離職者を対象とした区分」では他都市の離職者を対象とした「他都市正規教員経験者」と神戸市の離職者が対象となる「一般離職者」「子の養育を目的とした離職者」「介護を目的とした離職者」の各出願区分。また「やむを得ない事情が生じた者を対象とした区分」では「他都市受験経験者」と「本市(神戸市)受験経験者」の出願区分に分けられる。
なお、「やむを得ない事情が生じた者を対象とした区分」については、前年度試験では「新型コロナウイルス感染者等を対象とした区分」として実施していたが、今年度は、感染症罹患に限定せず、病気やケガ等のやむを得ない事情によって、他都市及び神戸市の教員採用試験において最終選考を有効に受験できなかった方にも対象を拡大して実施する。

主な出願資格は、1964(昭和39)年4月2日以降に生まれた者で、選考区分の出願に必要な普通免許状を所有(取得見込みを含む)し、やむを得ない事情が生じた者を対象とした区分の「本市(神戸市)受験経験者区分」を除き、今年度実施した神戸市の教員採用選考を受験していない者(本市〈神戸市〉離職者区分の場合は2024年上半期実施の特別選考を含む)となる。
なお、「離職者を対象とした区分」のうち、「他都市正規教員経験者区分」については、2024年3月31日現在、過去に同一の「国公立学校園」「私立学校園」の正規教員として、継続して3年以上(休職、育児休業等により勤務実態のない期間を除く)の勤務経験を有し、離職後5年以内で、出願時において教職に就いていないことが出願要件となる(ただし、勤務経験は今回受験する選考区分及び教科と同一の教職経験に限る〈音楽、美術、養護、栄養については校種不問。栄養職員としての経験は栄養教諭経験に含む〉)。
また、「やむを得ない事情が生じた者を対象とした区分」のうち「他都市受験経験者区分」については、今年度の他都市教員採用選考最終選考受験時に「やむを得ない事情で」最終選考を有効に受験できなかった者のうち、他都市が実施する選考において筆記試験(神戸市の「教職・一般教養試験」「専門試験」に相当するもの)を受験もしくは免除措置が適用されて、最終選考を受験する資格や最終選考受験日を証明できる書類を提出でき、かつ「やむを得ない事情」が生じたことを証明できる者が、また「本市(神戸市)受験経験者区分」は今年度の神戸市教員採用選考2次選考受験時に「やむを得ない事情で」2次選考を有効に受験できなかった者が、それぞれ対象となるが、いずれも今回受験する選考区分及び教科と同一の選考区分及び教科を受験した者に限られる。
(※各区分の詳細な出願要件や出願資格については実施要項を確認のこと)

選考対象の校種は「幼稚園」「小学校」「中学校・高校」「特別支援学校」「養護教諭」「栄養教諭」の各区分で、募集人員(正規・任期付)は各区分とも数名ないしは若干名となっている。

出願の受付は郵送による受付のみとなり、締め切りは12月21日(木)正午必着。受験者には12月25日(月)以降、受験票が送付される。
試験では個人面接、実技(一部の教科)、適性検査を実施。日程は、個人面接と実技は2024年1月8日(月)から19日(金)までの間の指定日(1日)、適性検査はWEB上での受検となり、2023年12月25日(月)〜2024年1月4日(木)までの期間中に受検する必要がある。試験結果の発表は1月下旬の予定となっている。



神戸市教育委員会・2024年度 神戸市立学校園教員採用選考試験 特別選考
https://www.city.kobe.lg.jp/a55153/20231122840428.html

神戸市教育委員会・2024年度(2023年度実施)神戸市立学校園教員採用選考試験 特別選考 実施要項(PDF)
https://www.city.kobe.lg.jp/documents/67741/2024tokubetuyoukou.pdf