教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

群馬県 令和7年度(令和6年度=2024年実施)試験から大学3年生も受験可能へ

群馬県教育委員会は11月24日、令和7年度採用群馬県公立学校教員選考試験(令和6年度=2024年実施)から、大学3年生も第1次試験の一部科目を受験できるようにすることを公表した。

対象となる校種は「小学校・中学校教員」「高等学校教員」「特別支援学校教員」「養護教員」で、大学3年次の受験者に対しては1次試験の「一般教養・教職に関する科目」(筆答試験)を実施し、合格となった者は次年度以降の第1次選考において「専門科目」を受験することとする。
なお、試験日については、一般選考や特別選考と同日程で実施することとしているが、現時点では来年度の試験日程については公表されていない。

群馬県教委では、採用選考試験の一部を大学3年次に受験可能とすることで、4年次における専門教科の勉強や教育実習等に専念することができ、負担を軽減し大学生が受験しやすい環境を整えるほか、大学3年生の段階から受験機会を提供することにより、教職に就くことを考えるきっかけをつくることを目的としている。

なお、群馬県が公式に発表したことにより、関東地方では、2023年実施試験からすでに実施している自治体を含め、関東1都6県とさいたま、横浜、川崎、相模原の4政令指定都市で大学3年生から教員採用試験の受験が可能となる。

群馬県教育委員会・大学3年生を対象とした教員採用選考試験の導入について(令和6年度実施)
https://www.pref.gunma.jp/site/kyouiku/615605.html