教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

大阪府 令和7年度(令和6年=2024年実施)試験から「大学3年生等を対象とした選考区分」を新設

大阪府教育庁(教育委員会)は1月31日、令和7年度(令和6年=2024年実施)大阪府公立学校教員採用選考テストから、令和7年度中に卒業予定の大学3年生等を対象とした選考区分を新設し、令和7年度大阪府公立学校教員採用選考テストの第1次選考(筆答テスト)を受験可能とすること発表した。
今回の大阪府の発表により、大阪エリアでは教員採用試験を実施するすべての自治体・団体(大阪府、大阪市堺市大阪府豊能地区教職員人事協議会)で大学3年生の前倒し受験を実施することになる。

大学3年生等を対象とした選考の対象となるのは、令和7年度大阪府公立学校教員採用選考テストで募集を行うすべての校種等・教科(科目)で、資格要件として下記の①〜③のすべてを満たしている必要がある。
①現在大学3年生等(=大学、大学院、短期大学、専門学校の最終年次の1年前の年次。科目等履修生は含まない)で令和7年度中に卒業見込みであること。
②出願に必要な免許状を令和7(2025)年4月2日から令和8(2026)年4月1日までに取得する見込みであること。
③昭和55(1980)年4月2日以降に出生していること。

大学3年生等を対象とした選考区分の受験者は、大学3年次に第1次選考の筆答テストを受験し、筆答テストの点数で一定の基準を満たした者を選考通過者とし、大学4年次で受験する令和8年度(2025年実施)大阪府公立学校教員採用選考テストに、出願要件を満たし、同一の校種等・教科(科目)で出願を行った場合に、第1次選考の筆答テストを免除する。
この選考で不合格となった場合でも、改めて大学4年次に第1次選考から受験することも可能としている。

この発表と合わせて、令和7年度大阪府公立学校教員採用選考テストの実施日程の一部についても公表し、第1次選考の筆答テストは前年度試験での6月24日より1週間ほど早めて、6月15日(土)に実施する。また出願期間についても試験日程の早期化に伴い、受付開始を前年度試験(3月16日〜)より1週間早め、3月8日(金)から4月19日(金)までとする。

なお、大阪府では、今回発表した「大学3年生等を対象とした選考区分」のほかに、令和7年度大阪府公立学校教員採用選考テストからの変更点として「一般選考 常勤講師等経験者(仮称)」を新設することにしている。

大阪府報道発表資料・令和7年度大阪府公立学校教員採用選考テストからの変更点について
https://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=50156