教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

北海道 令和7年度試験(令和6年=2024年実施)の実施要領を発表

北海道教育委員会は3月22日、令和7年度(2025年度=2024年実施)北海道・札幌市公立学校教員採用候補者選考検査の北海道採用希望者向け実施要領を発表した(※札幌市採用希望者分の実施要項発表についてはこちらの記事を参照)。

北海道の第1次検査(1次試験)は6月16日(日)に行われ、結果発表は7月19日(金)。第2次検査(2次試験)は8月2日(金)3日(土)4日(日)の間の原則2日間に行われ、結果発表は9月27日(金)となる。1次試験は道内5都市6会場(札幌〈2会場〉・函館・岩見沢・旭川・釧路)と東京、大阪で行われる(東京と大阪の試験会場は、決定次第北海道教育委員会のホームページで公表する)。
出願期間は4月8日(月)〜5月2日(木)までとなるが、出願については、Webエントリー(5月2日17時まで)と出願書類の郵送(簡易書留・5月2日消印有効)の2つの手続きが必要となる。なお、Webエントリー用のエントリーサイトは北海道教育委員会のホームページで4月8日に公開予定としている。

今年度の採用予定数は小学校400名(前年度採用予定数370名)、中学校300名(同275名)※1、高校187名(同155名)※1※2、特別支援学校122名(同122名)※3、養護教諭80名(同80名)、栄養教諭15名(同15名)で、小学校、中学校、高校で前回より採用予定数を増やし、特支、養護、栄養はそれぞれ前年並みとしている。
※1:中学校と高校は教科別の採用予定者数の合算。
※2:高校は札幌市教育委員会との共同登録となり、採用予定数のうち若干名が札幌市に採用される場合もある。
※3:特別支援学校は小学部(幼稚部)・中学部・高等部と自立活動(肢体不自由)それぞれの採用予定数の合算。

今年度試験からの主な変更点は下記の通り。
①令和5(2023)年12月に実施した特別検査(教養検査)合格者の1次試験(教養検査)免除
令和5(2023)年12月に実施した特別検査(教養検査)合格者は、1次試験の「教養検査」を免除する。なお、今回の試験(本試験)での教養検査の得点については、特別検査での得点を使用する(※特別検査の合格者が本試験の「教養検査」を受検するのも可能だが、その場合は特別検査ではなく本試験の「教養検査」の得点を使用する)。

②教員免許を所有していない者を含めた社会人を対象とした特別選考(セカンドキャリア特別選考)の新設
民間企業等における正規職員としての勤務経験が3年以上、またはJICAが実施する青年海外協力隊の隊員として派遣期間2年以上の方を対象に、教員免許を所有していない者を含めた社会人を対象とした特別選考として「セカンドキャリア特別選考」を実施する。教員免許を所有していない方については、選考検査合格後、令和9(2027)年3月31日までに受検区分・教科に応じた教員免許を取得した後に採用する。また、合格後、採用までの間に、指導に係る各種資料の提供、免許取得の進捗状況の確認などフォローアップを実施する。
募集対象は、一般選考で実施する区分・教科と同一で、試験については、教員免許状の保有者は1次試験の教養検査(一般・教職)を免除する(2次試験は一般の受験者と同じ)。また、教員免許状の非保有者については1次試験では教養検査の免除とともに、専門検査の代わりに論文検査を実施。2次試験では適性検査と面接検査のみ実施する。

③現行の社会人特別選考の見直し
社会人特別選考については、受検する科目の教員免許状所有者の受験を可能とする。また、社会人特別選考の受検項目については1次検査をすべて免除し、2次検査については教員免許状の有無によって試験項目を分ける(適性検査・面接検査のほかに、教員免許状保有者は「教科等指導法検査」、非保有者は「論文検査」をそれぞれ受検する)。なお、社会人特別選考の実施教科(高校の「英語、工業、商業、水産、水産〈商船〉、看護、福祉」と特別支援学校(自立活動〈肢体不自由))と、資格要件については基本的に変更はない。

④期限付教員特別選考の資格要件のうち、過去3年間(令和3(2021)年4月1日から令和6(2024)年3月31日まで)の勤務実績を従来の24月以上としていたのを「12月」以上とする(令和6年4月1日から5月31日までの1月以上の勤務実績については変更なし。なお、1日でも勤務した月は1月とみなす)

⑤独立行政法人教職員支援機構が実施する令和6年度小学校教員資格認定試験(6月16日実施)を受験し、小学校教諭の普通免許状を取得予定の者については、1次検査を免除する(ただし、資格認定試験に合格しなかった場合は採用候補者名簿から削除する)。

⑥採用候補者名簿の登録期間の延長理由について、国内外の大学院に進学する場合に加えて「短期大学を卒業し国内外の大学に編入学する場合」「独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する青年海外協力隊の隊員として参加する場合」についても、登録期間を原則1年間延長することができる。

⑦検査結果通知に係る受検者負担の軽減として、1次検査、2次検査で受検者全員に持参させていた「通知用封筒」を取りやめる。

⑧新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を理由に令和3年度(2021年度=2020年実施)試験から中止していた中学校、高校及び特別支援学校(中学部・高等部)教諭の実技検査(体育)を再開する。

北海道教育委員会・令和7年度(2024年度)北海道・札幌市公立学校教員採用候補者選考検査実施要領(PDF)
https://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/fs/9/9/5/5/4/5/9/_/R7実施要領.pdf

北海道教育委員会・令和7年度(2025年度)北海道・札幌市公立学校教員採用候補者選考検査について
https://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ksi/167104.html

北海道教育委員会・教員免許を所有していない方へ~教員免許を所有していなくても選考検査が受けられるようになります~
https://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ksi/menkyonasisenkoukensa.html