教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

愛知県 志願状況を公表。平均倍率は3.2倍、大学3年生等前倒し特別選考には1,295名が出願

愛知県教育委員会は5月27日、ホームページにて令和7年度(2025年度)採用 愛知県公立学校教員採用選考試験の志願状況を公表した。

今年度の試験(令和7年度採用分)では、全体で約1,750名の採用予定者数(前年度の採用予定者数1,610名)に対し、志願者は前年度の6,048名から400名減の5,648名となった。また、志願倍率は前年度の3.8倍から0.6ポイント減となる3.2倍となっている。
校種別では小学校1,836名(前年度1,910名)、中学校1,479名(前年度1,590名)、高校1,380名(前年度1,540名)、特別支援学校385名(前年度417名)、養護教諭(小中)407名(前年度408名)、養護教諭(県立)56名(前年度52名)、栄養教諭105名(前年度131名)となり、養護教諭(3名増)以外の校種で前年度より志願者が減少となった。
また、受験区分別の倍率は、小学校2.6倍(前年度2.4倍)、中学校3.4倍(前年度4.3倍)、高校3.9倍(前年度5.9倍)、特別支援学校2.3倍(前年度3.0倍)、養護教諭・小中が5.7倍(前年度15.1倍)、養護教諭・県立学校が7.0倍(前年度17.3倍)、栄養教諭10.5倍(前年度13.1倍)で、前年度より採用予定者数を減らした(800名→710名)小学校で倍率が上昇した以外は前年度の倍率を下回っている。

一方、今回の試験より実施する「大学3年生等前倒し特別選考」(令和8年度採用)には1,295名が応募した。校種別では小学校537名、中学校347名、高校290名、特別支援学校27名、養護教諭(小中)76名、養護教諭(県立)9名、栄養教諭9名となっている。

愛知県の教員採用試験は、1次試験(大学3年生等前倒し特別選考を含む)が6月15日(土)、2次試験は個人面接が7月20日(土)、実技試験(音楽、美術、保健体育、英語)が21日(日)に行われる。
結果の発表は1次が7月8日(月)、2次は8月30日(金)の予定となっている。

愛知県教育委員会・令和7年度(2025年度)採用 愛知県公立学校教員採用選考試験の志願状況について(PDF)
https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/517953.pdf