教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

北海道 令和7年度(2025年度)選考のための特別検査実施要領を発表

北海道教育委員会は10月30日、令和7年度(2025年度)北海道・札幌市公立学校教員採用候補者選考のための特別検査(教養検査)実施要領をホームページに掲載した。

北海道の特別検査(教養検査)の対象となるのは、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、養護教諭、栄養教諭の各受験区分で、主な受験資格は「①昭和40(1965)年4月2日以降に生まれた者」「②令和7(2025)年4月1日時点で有効な指定の教育職員免許状を有する者又は令和7(2025)年3月31日までに取得見込みの者」「③令和6年度(2024年度=2023年実施)北海道・札幌市公立学校教員採用候補者選考検査(北海道採用希望・札幌市採用希望)を未受検の者〈※出願したものの1次試験を欠席した者は受験可能〉」としており、大学3年生、大学4年生、社会人等が対象となる。
なお、特別検査(教養検査)合格後に受験区分・教科を変更することは可能だが、同時期に実施する札幌市の前倒し選考との重複出願はできない。

出願の受付期間は11月6日(月)から24日(金)までで、北海道電子自治体共同システムによるWebエントリーと、簡易書留による出願書類郵送(エントリーシート及び受検票交付用封筒)の両方を期日までに行うことで、出願手続完了となる。

北海道の特別検査(教養検査)は12月17日(日)に北海道札幌西高等学校(札幌市中央区)で教養検査(一般・教職教養)を実施。結果の発表は1月31日(水)となる。
この検査の合格者は、令和6年度(2024年)に実施する令和7年度(2025年度)北海道・札幌市公立学校教員採用候補者選考(北海道採用希望)の1次試験で「教養検査」が免除され「専門検査(専門教養)」のみ受験する(特別検査(教養検査)合格後に受験区分・教科を変更した場合でも「教養検査」は免除となる)。
なお、特別検査で不合格となった場合や受験しなかった場合でも、翌年の試験は受験可能となる(1次試験で「教養検査」「専門検査」を受験)。

北海道教育委員会・令和7年度(2025年度)教員採用候補者選考のための特別検査(教養検査)実施要領(PDF)
https://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/fs/9/3/2/9/4/7/7/_/実施要領.pdf

北海道教育委員会・令和7年度(2025年度)北海道・札幌市公立学校教員採用候補者選考のための特別検査(教養検査)出願手続について
https://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/ksi/169514.html