教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

滋賀県 令和7年度(2025年度=2024年実施)採用試験〔夏選考〕の実施要項を発表

滋賀県教育委員会は4月11日、令和7年度(2025年度=2024年実施)滋賀県公立学校教員採用選考試験〔夏選考〕の実施要項を発表した。

滋賀県の〔夏選考〕1次試験は6月16日(日)。2次試験は7月29日(月)から8月下旬までのうちの指定する1日または2日間で実施される。
結果の発表は1次が7月17日(水)、2次は9月中旬(前年度試験では9月29日)に発表の予定となっている。
出願受付期間は4月19日(金)午前9時から5月9日(木)午後5時までで、電子申請での受付となる。
ただし特別選考や試験の一部免除、加点を希望する場合には5月16日(木)午後5時までに、免除要件を示す証明書等の書類を別途郵送または持参にて提出する必要がある。

今回の試験での主な変更点としては下記の通り。
①「大学3年生夢チャレンジ選考」の新設
滋賀県の教職を目指す大学生に対して受験機会を増やすため 〔夏選考〕1次選考とは別に、大学3年生から1次試験を受験できる制度を新設する。大学3年生で夢チャレンジ選考に合格した場合、大学4年生では2次試験からの受験となる。また、合格できなかった場合でも、大学4年生で〔夏選考〕を受験することができるほか、これまでどおり大学4年生になってから〔夏選考〕を受験することも可能。
対象となるのは、令和6(2024)年4月1日現在、大学3年生で、令和7(2025)年度中に卒業見込みで、受験する校種・職種および教科に相当する有効な免許状を令和7年度中に取得見込みの者。また、受験可能な校種・職種は基本的にすべての校種・職種が対象となる。

②〔夏選考〕の試験内容の変更(軽減)
・1次試験において、全校種・職種の集団面接を廃止する。集団面接の廃止に伴い、1次試験は筆記試験の6月16日(日)のみとなる。
・2次試験の小学校教員の専門実技について、「音楽実技」を廃止し「体育実技」のみとする。

③〔夏選考〕の早期化
1次試験の日程を令和6年度試験(令和5年=2023年実施)より1週間程度早めるととともに、試験日程全体を前倒しして最終の結果発表の時期を早める。

④〔秋選考〕の対象拡大
現職教諭等(3年以上の勤務経験を有する者)を対象とした〔秋選考〕の募集校種について、小学校教員、特別支援学校教員とともに「中学校教員」を追加する。
なお、〔秋選考〕は10月12日(土)に実施予定で、詳細については7月下旬に公表予定の〔秋選考〕実施要項で示される。

⑤今年度の高校の募集教科では、前年度実施のなかった「看護」が募集教科に加わり、逆に前年度募集のあった「音楽」「美術」「家庭」「情報」と理科の「地学」が今年度の募集教科から外れる。

なお、採用予定数については、4月中旬に滋賀県教育委員会のウェブページで公表予定としている。

滋賀県教育委員会・令和7年度(2025年度)滋賀県公立学校教員採用選考試験〔夏選考〕実施要項(PDF)
https://www.pref.shiga.lg.jp/file/attachment/5465580.pdf

滋賀県教育委員会・滋賀県公立学校教員採用選考試験
https://www.pref.shiga.lg.jp/edu/zinzisaiyou/bosyu/303811.html