教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

島根県 現職教員・教員経験者対象の特別選考試験の実施要項を公表

島根県教育委員会は3月1日、令和7年度(令和6年度=2024年実施)島根県公立学校教員採用候補者「特別選考試験」の実施要項を公表した。

島根県の特別選考試験は、30〜40歳代の中堅層の不足等を踏まえ、即戦力となる人材を確保するために、他県の正規現職教員と島根県を含む県内外の正規教員経験者を対象に、面接による選考を行うもので、募集区分は小学校、中学校(全教科)、高等学校(情報、商業、農業〈食品〉、工業〈機械〉、水産〈漁業・機関〉)、特別支援学校(小学部、中学部〈技術〉、中学・高等部〈国語、社会及び地理歴史、数学、理科、英語、音楽、美術、保健体育、家庭〉)。募集人数は前年度より大幅に拡大し総数で100名程度、校種別では小学校と中学校でそれぞれ40名程度、高校と特別支援学校でそれぞれ10名程度としている。

出願資格・条件については、昭和40(1964)年4月2日以降に生まれた者で、他県の正規現職教員については、島根県外の国公立学校に正規採用(任期付採用を除く)の教員として、令和7年3月末現在で3年(36月)以上(休職、育児休業等の期間を除く)の勤務経験があり、正規採用の教員として出願する区分での勤務経験があること。正規教員経験者については、過去10年以内(平成26(2014)年4月1日〜令和6年3月31日)に、島根県内外の国公立学校で正規採用の教員として通算3年(36月)以上の勤務経験があり、正規採用の教員として出願する区分での勤務経験があること、となっている。
前年度の試験では正規教員経験者の勤務経験の対象期間について「過去6年以内で3年以上」としていたのを、今回の試験では「過去10年以内で3年以上」に拡大している。

出願期間は3月8日(金)9時から4月15日(月)17時までで、今回の試験から「島根県教員採用試験受験等申込みシステム」を用いた電子申請による出願となる。
試験日は5月4日(土・祝)で、会場は松江会場(島根県職員会館)で実施、試験内容は個人面接(40分程度の面接を2回実施〈「場面指導」含む〉)を実施する。
結果の通知は5月17日(金)に受験者に文書で通知するほか、合格者の受験番号を島根県教育委員会のホームページに掲載する。

なお、特別選考試験の合格者は令和7年度の島根県公立学校教員採用候補者名簿に登載されるが、本人の希望と欠員の状況によっては令和6年度途中に採用する場合もあるとしている。

島根県教育委員会・令和7年度島根県公立学校教員採用候補者選考試験(特別選考)実施要項(PDF)
https://www.shimane-kyoinsaiyo.com/webtool/wp-content/uploads/2024/03/R7tokubetsusemkou-youkou.pdf

島根県教員採用情報提供サイト「しまねの先生ナビ」
https://www.shimane-kyoinsaiyo.com