教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

熊本市 志願状況を公表。平均倍率は1.6倍に

熊本市教育委員会は5月15日、ホームページにて、令和7年度(2025年度)熊本市立学校教員採用選考試験の志願状況を発表した。
今年度の試験では、全体で314名の採用予定者数(前年度318名)に対し志願者は493名(前年度615名)となり、前年度より122名減。志願倍率は1.6倍で、前年度の1.9倍よりも0.3ポイント減少し、2年連続で2倍を割り込んだ。

受験区分別の応募者数では幼稚園が20名(前年度11名)、小学校が170名(前年度230名)、中学校・高等学校が212名(前年度278名)、高校(※)が3名(前年度7名)、養護教諭が64名(前年度70名)、栄養教諭が24名(前年度19名)となっている。
※高校は、高等学校改革に伴う特別選考として前年度は「商業」と「書道」、今年度は「商業」と「情報」を募集。

また、受験区分別の倍率は幼稚園6.7倍(前年度5.5倍)、小学校1.2倍(前年度1.3倍)、中学校・高等学校1.5倍(前年度2.3倍)、高校1.5倍(前年度3.5倍)、養護教諭4.6倍(前年度8.8倍)、栄養教諭4.0倍(前年度6.3倍)で、小学校に加えて中学校・高等学校、高校も2倍を割り込んだ。
※幼稚園、小学校、中学校・高等学校の倍率は一般と特別支援教育推進の合算。

熊本市の教員採用試験は1次試験が6月16日(日)、2次試験は7月28日(水)から8月10日(土)にかけて、それぞれ行われる。
結果の発表は1次が7月9日(火)、2次が9月中旬の予定。

熊本市教育委員会・ 令和7年度(2025年度)熊本市立学校教員採用選考試験志願状況について(pdf)
https://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=2481&sub_id=332&flid=395298