教員養成セミナー 定期購読 申し込みバナー

高知県 令和7年度(令和6年=2024年実施)採用試験の募集要項を発表

高知県教育委員会は3月8日、令和7年度(令和6年=2024年実施)高知県公立学校教員採用候補者選考審査の募集要項をホームページに掲載した。

高知県の第1次審査(1次試験)は、例年の6月第3週目(前年度は6月17日)から日程を繰り上げて6月1日(土)に実施。結果通知も前年度(7月7日通知)より1週間繰り上げ、6月28日(金)を予定している。1次試験は高知県内のほか関西会場(大和大学=大阪府吹田市)でも実施する(※関西会場では小学校、中学校〈保健体育を除く〉、特別支援学校小学部受審者のうち希望者が受験可能。ただし、関西会場での受験者が定員に達した場合は高知会場での受験となる場合がある)。
第2次審査(2次試験)は、面接審査を小学校、小中県立養護、小中栄養、特別支援学校小学部は7月27日(土)28日(日)、中学校、高等学校、特別支援学校中・高等部は8月17日(土)18日(日)にそれぞれ実施。中高の一部教科で実施する実技審査は8月16日(金)に実施する。
2次試験の結果通知は3回に分散して行われ、1回目が9月20日(金)、2回目が10月25日(金)、3回目が2025年1月17日(金)にそれぞれ予定している。

出願期間は3月25日(月)8時30分から4月15日(月)17時15分までで、電子申請による「仮登録」と「本登録」の2段階方式となっている。
なお、特別選考等の申請のために書類提出が必要な場合には、高知県教育委員会(教職員・福利課 人事企画担当)への持参または簡易書留による郵送により提出をする。申請書類の提出は3月25日から受付を開始し、持参の場合は4月15日の17時15分まで。郵送の場合は4月15日までの消印があり、4月17日(水)までに届いたものを有効とする。
また、昨年12月に実施した「大学3回生等を対象とした事前認定選考審査」の合格者については、インターネット出願で該当する申請書をチェックするとともに別途「事前認定選考審査合格による免除申請書」の提出が必要となる(申請書の提出により1次試験の「教職・一般教養審査」が免除となる)。

今回の試験での採用予定数(一般選考)は小学校130名(前年度130名)、中学校47名(前年度49名)、高校41名(前年度37名)、特支18名(前年度23名)、小中養護10名(前年度12名)、県立学校養護1名(前年度1名)、小中栄養3名(前年度3名)となっている。

今回の試験での主な変更点は下記の通り。

①全選考・全校種・全教科を対象に、年齢制限をこれまでの49歳から「60歳(昭和39〈1964〉年4月2日以降に生まれた者)」に変更する。

②1次試験で実施していた「適性検査」を廃止する。

③2次試験で実施していた「理科の実技審査」を廃止する。

④臨時教員への免除要件(※)を拡大し、1次試験の全部免除の対象を前年度の1次試験合格者から「直近3年間の1次試験合格者」に拡大する。加えて、これまでは2次試験時に適性検査と専門教養の結果を用いることから、1次試験で課していた専門教養の受審を不要とする(適性検査は廃止)。
また、1次試験の一部免除の条件(出願期間までの直近4年間で高知県内の国・公立学校臨時教員の経験が通算24月以上ある方)のうち、直近4年間の期限を撤廃し、高知県内の国・公立学校臨時教員の経験が通算24月以上ある方については、1次試験の「教職・一般教養審査」を免除する。
(※ただし、出願時に高知県内の国・公立学校で任期付教員または臨時教員として配置されていることが条件となる)

⑤教員を志願するものの民間企業等で働いており普通免許状を取得する時間的余裕がない方も採用審査を受審できるようにするため、社会人を対象に最大3年間の名簿登載期間の延長による「社会人採用枠」を全校種・全教科を対象に新設し、教員免許を取得していない方でも受審可能とする。
対象となるのは「普通免許状を保有しない者で、①出願時に民間企業、官公庁等で働いている者で、令和6年3月31日までに、通算して2年以上の勤務経験(常勤、非常勤〈アルバイト、パート〉であることを問わない。経験年数は、1日でも任用のあった月は1月と数える)」があり「②令和9〈2027〉年度末までに必要な免許状の取得を目指す者」「③延長期間終了時に60歳以下の者」で、出願時に「社会人を対象とした名簿登載期間の延長の申請」を行い、合格後、教員免許を取得するための延長期間(最大3年間)内に免許状を取得し、取得後に採用とする。

⑥現職・元職教員特別選考において、過去に教員として勤務していた方(元職)の受審資格である経験年数を5年から「3年」に短縮する。

⑦全校種の受審者が、特別支援学校教諭(小学部、中・高等部)を第2希望として併願可能とする(小学校〈特別支援学校小学部〉、中学校または高等学校の普通免許状〈特別支援学校中学部・高等部〉と、特別支援学校教諭または盲学校、聾学校、養護学校教諭の普通免許状の両方の免許状保有者に限る)。

⑧妊娠等により、採用後の就職が困難な場合には、名簿登載期間を翌年度末まで延長することを可能とする。

高知県教育委員会・令和7年度(令和6年度実施)高知県公立学校教員採用候補者選考審査募集要項等について
https://www.pref.kochi.lg.jp/doc/h27saiyoboshuyoko-2/

高知県教育委員会・令和7年度(令和6年度実施)高知県公立学校教員採用候補者選考審査募集要項(PDF)
https://www.pref.kochi.lg.jp/doc/h27saiyoboshuyoko-2/file_contents/file_2024374153911_1.pdf

高知県教育委員会・令和7年度(令和6年度実施)高知県公立学校教員採用候補者選考審査の出願について
https://www.pref.kochi.lg.jp/doc/2018040500013/
※出願の受付は3月25日(月)から。